» 自分もまだまだ修行中の身です ~印象に残るサイトを考える編~|ホームページ制作・運営からWEBデザイン、ウェブサイト企画作成を行っている名古屋市のホームページ制作会社「ABABAI」

自分もまだまだ修行中の身です ~印象に残るサイトを考える編~

スタッフブログ

  • 2020.03.25

    自分もまだまだ修行中の身です ~印象に残るサイトを考える編~

    顔アイコン

    お疲れ様です。
    デザイナーの鈴木です。

    最近、スタッフブログを見返していると、デザイナーのみんなが自分の発言をメモして残してくれているものがちらほらあって口下手でも印象に残っているならよかったと思う今日この頃です。

    そんな今日のテーマは「 印象に残るサイトを考える 」というテーマです。
    実際に制作に携わったお客様のサイトを元に解説が出来ればと思います!!

    01 Ogreen. 様

    20200323_ogreen

    URL:http://ogreen.jp/

    前回のサイト制作からリニューアルのご相談を頂き、
    今回もご縁あってTOPデザインを担当させて頂きました。

    ●制作の際に気を付けたポイント

    ・とにかく好きなモノ、憧れのモノでメインイメージを構成する

    デザインを制作するにあたって、
    「西海岸風」「海が好き」「アウトドアが好き」というような
    ワードをディレクターからヒアリングしていました。

    また他社とは違うものにしたい。というお客様の要望もお聞きしていたので、
    思い切ったデザインにしないといけないなと考えていました。
    そこで、造園・エクステリアがメインの業務なのですが造園屋さんなのを忘れてしまう勢いで、好きなモノ、憧れのモノでメインイメージを構成することにしました。

    お庭の役割としまして
    「主役を引き立てる名脇役」というイメージも持たせる事にしました。

    色々と想像してみたのですが、
    ・お家にぴったりなお庭にしたい。
    ・サーフィンライフにあうピッタリなガーデンをイメージしたい。
    などなど。。

    主役をどこまで輝かせられるのかがお庭の力の見せどころなんじゃないかと。

    そんな思いで、造園屋さんということを忘れる勢いで、カリフォルニアの勢いを増したイメージでデザインをしたのがOgreen.さんになります。

    02 亀田塗装 様

    20200323_kameda

    URL:http://www.kameda-tosou.com/

    思い切った提案内容、面白いサイト構成という事を意識しながら
    他とは違うTOPデザインを目指して制作にあたりました。

    ●制作の際に気を付けたポイント

    ・言葉を引き立たせる文字と真面目なビジュアルに +αの遊びごころ

    TOP指示書を見てまず思ったのが言葉にとにかく面白要素が詰まっていたという事です。

    そこで安直なビジュアルになり過ぎず、
    どんなパーツやビジュアルを置いたら、
    より内容を訴求することが出来るだろうという観点に気を付けながらデザインを進めました。

    ただ、あまりにも思い切ってしまっても、
    お客様の実績(安心感)に悪い影響が出てしまうのは良くない・・・
    という両方のバランスを意識した結果、メインイメージは、ガツンと訴求・その下には安心実績という並びで実績(安心感)とインパクトの両立を基本的には目指しました。

    基本的には、ページの下まで訴求と安心のバランスを忘れず、TOP選ばれる理由エリアは、写真はまじめに、言葉は大きく。+αの遊び心のバランスで構成することにしました。

    お客様から、亀の着ぐるみを気に入って頂けたのが嬉しかったです。

    03 くらし商店 様

    20200323_shojin

    URL:http://www.shojin-reform.com/

    とにかくいつもみたいにデザインやっちゃって!
    担当ディレクターから、デザインに対してはお任せ頂けました。

    ●制作の際に気を付けたポイント

    ・分かりやすく、突っ込み要素を持たせてサイトに引き込みたい

    デザインに取り掛かる際にですが、担当ディレクターから「デザインの方向性は某雑貨屋さんみたいなサイト!」という要望でした。
    ただ、サービス内容をどうやって見せていこうかと考えるところで、ビジュアルについては最後まで悩みました・・・

    最終的に悩みに悩んで出た結論は、
    雑貨屋は、「何かの集合体」だという事でした。

    この集合体というキーワードが浮かんでからは、雑貨屋さんにあるものを創造しながら(映画のポスターやグッズポップなど)ごちゃまぜになるようなイメージでデザインを進めました。

    またディレクターからの指示はなかったのですが、
    「突っ込み要素」を随所に盛り込みました。

    ・便利屋でも、さすがにそれは解決できないだろう・・
    ・この子、絶対息子じゃないよね・・?
    などなど、突っ込みを入れたくなる要素をあえて盛り込ませることで、サイトに引き込もうという作戦です。

    ただ、行き過ぎると安心感や信頼感にも影響が出てしまうので、引っかかりを作るポイントと、しっかりと実績を出すところとサービスを出すところでは、デザインに差をつけています。

    ディレクターからのフィードバックではお客様にもデザインをすごく気に入って頂けたという言葉も聞けて本当に良かったと思いました。

    最後に・・・

    ウェブサイトの制作は自分一人の力では絶対に出来ません。

    ・挑戦するお客様
    ・高い提案力、企画力のディレクター
    ・理想を叶える為に動く制作
    ・ウェブ制作を支えるたくさんの方々・・・

    全員で協力して、同じ目線で取り組んでこそ、
    目指せるものがあると思います。

    色んな制作に挑戦できる環境に心からの感謝です!!!

    フェイスブックシェアボタン

名古屋で1番真面目なウェブ会社!! ABABAI お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ リンクボタン

資料請求 リンクボタン

カレンダー

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

MENU

求人情報本社・広島オフィス

お問い合わせ

資料請求

ページの先頭へ

お問い合わせ

  • メールでのお問合せ リンクボタン
  • 資料請求 リンクボタン

閉じる

アババイめちゃ凄いこと

建築会社に選ばれる5.5の理由

制作実績

お客様の声

スタッフ紹介

代表挨拶

新着情報

会社概要&アクセス