メニューを開く

メニューを開く

メガメニュー を閉じる

お電話でのお問い合わせはこちら 0120-388-801

受付時間/平日10時〜19時定休日/毎週日祝日・隔週土曜日

HOME(名古屋のホームページ制作会社 株式会社アババイ)

BLOG

スタッフブログ

10月 2021 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

RANKING

    • 2017/08/31

      田舎暮らしをしたい方必見!お湯を自給自足する方法!

      アババイスタッフ 画像

      鈴木

      こんにちは!

      広島事務所に来てもうすぐ1年が経ちます。
      制作部の鈴木です。

      この前、お盆ということもあり、
      岐阜の実家に久々に帰ることが出来ました!

      実家にいくと何もしないけど・・笑

      来てくれるだけでいいと、家の人は言ってくれるので、 本当にありがたいです。

      うちの田舎具合の写真です笑

      02

      さて、今回は実家へ帰るのに一つ楽しみがありました。

      それは、どうやら、じいちゃん(今年で89になるのですが) 一つ小屋を手作りしたという話を聞いていたので、どんなものか気になってました。

      小屋の用途ですが、農機具をしまうというのとは別に、うちの実家にとって、とても重要な役割を担っているそうです。

      それが、この小屋です。

      03

      小さかったけど、しっかりとしている・・・じいちゃん、90前にしてすごい・・・

      どんな役割があるのか、聞いてみた

      kao-tomoya

      あの小屋ってなんの役割を果たしているの?

      kao-jii

      うちの風呂って山から水を引いてきて
      薪を使って温めていただろう?

      kao-tomoya

      ずっとそうだったよね。

      kao-jii

      でも、もうそろそろ薪を集めるのもしんどいし、山の水を屋根に設置した温水器で温めてお湯になるようにやっているんだよ。太陽の熱で温まる。

      kao-tomoya

      あの小屋の上についているものが、温水器?

      kao-jii

      そうそう。地下を這ってくる水を一旦くみ上げてあの温水器で温めているんだよ。

      すごいな・・・・

      実家に革命が色々と起きているので、びっくりしました(笑)

      これがその温水器らしいです。

      04

      ちゃんとじいちゃんに話を聞いたら、
      温水器はさすがに業者につけてもらったようですが、小屋は完全手作り。90前にやる仕事じゃない・・・

      ただ、色々と温水器にも使える条件があるようです!
      基本太陽が出ていないとお湯を作れないので、

      • ・夏はほぼ太陽の熱でお湯になる。
      • ・冬は昔ながらのやり方で、薪でお湯にする。

      らしいです・・!

      なかなか、 同じ状況の方はいらっしゃらないかとは思いますが・・・

      山の水を使ってお風呂使われている方は
      一度検討してみては?!(笑)

      カテゴリ:

    CONTACT CONTACT

    お電話でのお問い合わせはこちら 0120-388-801 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-388-801

    受付時間/平日10時〜19時定休日:毎週日祝日・隔週土曜日