» プロジェクトリーダーが知っておくべき部下の特性|ホームページ制作・運営からWEBデザイン、ウェブサイト企画作成を行っている名古屋市のホームページ制作会社「ABABAI」

プロジェクトリーダーが知っておくべき部下の特性

スタッフブログ

  • 2017.10.05

    プロジェクトリーダーが知っておくべき部下の特性

    顔アイコン

    こんにちは、渡邉です。

    私、プロジェクトリーダーでも何でもありません。

    ましてや部下の一人もいませんw。

     

     

     

    が、

    今日は部下を多数持つプロジェクトリーダーになったつもりで妄想してみようと思います。

     

     

     

    さて、

    まずは皆さん以下の質問にYes、No答えてみてください。

    (Yesの数を数えてください。)

     

     

    1. 夏休みの宿題はギリギリに終わらせていた
    2. 職人気質と言われる
    3. 大事なことは後回しにしがち
    4. 急ぎの仕事からやってしまいがち
    5. ものごとに優先度をつけるのが苦手
    6. やりはじめたら終わらない
    7. 完璧主義
    8. 数字より感覚
    9. マイペースとよく言われる
    10. 自分がこの上なく好き

     

     

     

    さて、上の質問でYesが3個以上あった方。

     

    そうです!

     

    あなたです!!

     

    プロジェクトリーダーを困らせているのは!!!!

    (あ、この質問は私が勝手に妄想して書いてます。あくまで私個人の偏見です。)

     

     

     

    プロジェクトリーダーの立場から言わせてもらうと、

    (プロジェクトリーダーでも何でもないですけど)

    上の質問に多く当てはまる人物は、要注意。

    取り扱いに非常に気を遣わなければならない特性をお持ちです。

    (要は手のかかるかわいい後輩♥ってことです。)

     

     

     

    ところで皆さん、

    「学生症候群」とか「パーキンソンの法則」って聞いたことありますか?

     

     

     

    学生症候群

    やらなきゃいけない事だけど、納期が長いとなかなか手を付けず、

    結局最後の最後ギリギリになって焦ってやること。

    夏休みの宿題をギリギリにならないとやらないってことですね。

     

     

     

    パーキンソンの法則

    やるべき事にたくさん時間をもらえたら、マックス使っちゃうってこと。

    例えば、もう要件を満たしたものが完成してても、時間いっぱいまでもっともっと必要以上に作り込んじゃうってこと。

     

     

     

     

    こういう症状に陥りやすいのが、上の質問でYesが多かった方々です。

     

    さらに、学生症候群は緊急中毒も併発しがちです。

    「緊急中毒」ってご存知ですか?

     

     

     

    ちょっとここでまた、質問です。

    次のグラフで、あなたならどの順番で仕事をやりますか?

     

     

    111

     

     

     

     

    まず、1番はじめは基本的にだれでも「B」だと思います。

    (ここが違う方は…すみませんが我が道を行ってください。)

     

    2番目が肝心です。

    ここを「D」にしちゃった人。

    緊急中毒の可能性があるか、今後発症する可能性があります。

     

     

     

    やるべき事を後回しにしちゃって、

    ギリギリであたふたした上に、より重要で価値のある「A」の領域に手をつけられず、

    「D」の領域から抜け出せなくなってるはずです。

     

     

     

    こういう傾向のある部下を持ってしまった場合、

    プロジェクトリーダーはどうしたらいいのでしょう??

     

     

    222

     

     

     

    まずは、

    仕事の段取りを本人任せにはしないで、プロジェクトリーダーが行う事。

    また、進捗管理を細かく行うこと。

     

    ここで気をつけたいのは、この部下の進捗を鵜呑みにしてはいけない事。

    こういう特性のある方はだいたい定量的な報告ではなく定性的な報告を行おうとします。

     

    「どこまでが何%」終わっているのかを聞いて、

    実際にこの目で確かめるまでは信じてはいけません。

     

     

    また、任せる仕事は細かく段階を分ける事

    何せ学生症候群ですから、最後の最後で全然できていないことが発覚したら絶望です。

     

     

    そして、

    最後に一番大事なことは、

    本人に自覚してもらう事

     

     

    いつまでも、一から十まで管理するほどプロジェクトリーダーは暇ではないはずです。

    まずは本人に自分の特性を理解してもらい、

    気をつけるべきところをきちんと押さえられるようになってもらう事。

     

    これが重要だと思います。

     

     

     

    ということで、今回の妄想はここまでにしておきます、では。

    (あ〜楽しかった♪)

    フェイスブックシェアボタン

名古屋で1番真面目なウェブ会社!! ABABAI お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ リンクボタン

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

MENU

求人情報本社・広島オフィス

お問い合わせ

ページの先頭へ

お問い合わせ

閉じる

アババイめちゃ凄いこと

建築会社に選ばれる5.5の理由

制作実績

お客様の声

スタッフ紹介

代表挨拶

新着情報

会社概要&アクセス