» 電話の声≠実際の声なのか検証してみた。|ホームページ制作・運営からWEBデザイン、ウェブサイト企画作成を行っている名古屋市のホームページ制作会社「ABABAI」

電話の声≠実際の声なのか検証してみた。

スタッフブログ

  • 2018.01.26

    電話の声≠実際の声なのか検証してみた。

    顔アイコン

    どうも、コーダーの葉田です、こんばんは!

    今回は、最近の方はだいたいお持ちになっておられる
    携帯電話・スマホなどのモバイル端末についての記事を書かせて頂いております。

    「モバイル端末での声は実際の声ではない」
    というのを聞いたことがあった為、調べてみました。

    突然ですが、携帯電話やスマホにて通話をする際に、相手の声に違和感を持ったことはないでしょうか?

    私は友人に電話を掛けた際に、実際に聞いている声と比べると全然違うように聞こえたりするということが度々あります。

    今回はそんな「モバイル端末を通しての声」についてお話したいと思います。

    実際の声と携帯電話を通しての声は違うのか?

    電話の声は「コードブック」と呼ばれる、2500種類程の声が収録されている
    「音の辞書」というものがあるそうです。

    音のコードブック イメージ写真

    その中から、その声に似ている声を検索し、瞬時に本人の声に「近い」合成音が作られ再生されています。

    わざわざそんなことをしなくても、普通に声を送ることはできないの?
    と、思われる方もいると思います。

    声をそのままデータ化すると、そのデータ量はとても大きくなりすぎる為、

    モバイル端末では通信量的にかなり難しいようです。

    だたし、モバイル端末ではなく固定電話ならそれが可能です。

    何故かというと、固定電話では声を波長に変え、電線を通じて相手に届けているわけです。

    これにより、生の声を届けることが可能というわけです。

    固定電話の仕組み

    糸電話 イメージ写真

    糸電話を使って説明しましょう。

    皆子供の頃に作ったことがあると思われる「糸電話」。

    この仕組みは、声で紙コップの底を振動させ、糸を通じて相手先の紙コップの底を振動させて、相手に声を送っているわけです。

    固定電話ではこの振動の部分を電気で行っていてそれで通話ができているわけです。

    まとめ

    携帯電話、スマホは本人に近い合成音声を使っている為、
    電話の声≠実際の声ということがわかると思います。

    実際の本人の声ではないということがわかったと思います。

    好意を携帯電話やスマホで届けた方々は・・・なんとなく虚しくなりますね(滝汗

    もしかすると、近い将来、声のデータをさらに小さくする技術ができると、

    モバイル端末にて生の声を届けることができる時代がくるのかもしれませんね。

    フェイスブックシェアボタン

名古屋で1番真面目なウェブ会社!! ABABAI お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ リンクボタン

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

アーカイブ

MENU

求人情報本社・広島オフィス

お問い合わせ

ページの先頭へ

お問い合わせ

閉じる

アババイめちゃ凄いこと

建築会社に選ばれる5.5の理由

制作実績

お客様の声

スタッフ紹介

代表挨拶

新着情報

会社概要&アクセス