» 2020年の年賀状作成しました!-HappyNewYear-|ホームページ制作・運営からWEBデザイン、ウェブサイト企画作成を行っている名古屋市のホームページ制作会社「ABABAI」

2020年の年賀状作成しました!-HappyNewYear-

スタッフブログ

  • 2020.01.23

    2020年の年賀状作成しました!-HappyNewYear-

    顔アイコン

    こんにちは!新人デザイナーのバンクです^^

    新年あけましておめでとうございます!

     

    皆様アババイからの年賀状は届きましたでしょうか?

    実はこちら、新人デザイナーが作るというしきたりがあるようでして、

    2020年ver.は私が作らせていただきました!それがこちらです!

     

    nenga_2020 (1)

     

    webどころか印刷物のデザインもほぼやったことがなかったのですが…

    紙のデザインをする上でのポイントを、元紙のデザイナーである神のデザイナー日下大先生がたくさん伝授してくださったので、今回はそちらをご紹介します!

     

     

    何も知らないまま作った初案

    それがこちら。
    bk_nenga_2020

     

    私もうーーーん。日下大先生もうーーーん。

    まず今回のデザインの意図は、新しい仲間と、新しいお客様との出会い・希望にあふれる2020年、新しい時代が始まる夜明けの感じを出したかったんですね。

    それはよかったのですが、レイアウトもメインビジュアルもデザインの方向性も決まらないまま進めていってしまいよくわからないことに…。

     

    せっかくの金タイツバヤシさんの素晴らしい素材もうまく使いこなせていません。

     

    そこでアドバイスをいただきました。

    01.  素材ももっと加工して自分が使いやすいようにしよう。

     

    まず先生の目についたのがここ。

     

    iPad – 1

     

     

    この空間が気になる、もったいない。とのこと。

    そんなとこ自分じゃ気にもしていないところでした…

     

    日下大先生

    「webデザインは縦長だから下にどんどん空間を広げていけるけど、紙のデザインは指定された大きさの中で表現するしかない。その中で必要な情報とイメージを置こうとなると、こういうスペースは非常にもったいない」

     

    なるほど、言われてみればそうですね…おっしゃる通りです。

     

     

     

    そこで先生おすすめの機能が、PhotoshopCS5から実装された「パペットワープ」!

    これは人の写真の関節部分にポイントを設定すると、そこを軸に手足を好きな方向に曲げることができるのですという素晴らしい機能なのです!

     

    こちらを使いこなすと違和感なく小顔に加工出来たり、日本人が悩む短足を長くしちゃうこともお茶の子さいさいなんだとか。

     

     

     

    まあ今回はこちらの機能使わなかったのですが(え)

    無駄なスペースを詰めるためにバヤシさんの手を切り離し

    顔に近づけまとまりよく見せることに成功!

     

    iPad – 1

     

    ずいぶんコンパクトに見やすいビジュアルになったように思います。

     

     

    それから続けて言われたのが金タイツのクドサ!!

    こんだけ金タイツの人ばっかりだと、目線が迷子になる、この中央のバヤシさん以外はアババイの他のスタッフとかでもいいかも?

     

     

     

    ということで、その場にいたスタッフに撮影の許可をいただき使用させていただくことに成功!みんな協力的。ありがとうございます。

    (※山口さん鈴木さんは無断で使いましたが)

     

    それがこちら!

     

    nenga_2020

     

     

    ほおお。これだけでもずいぶんよくなったような気がします。

    作りながら私も、そろそろ完成かな??と思いながらこちらを日下先生に見せに行ったところ。

     

    うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん。

     

    何だろう、何がいけないのかな。とドキドキしていたところ、

    ビジュアルデザインをする上での重要なアドバイスをいただきました。

     

    02.  メインビジュアルは一つに決めよう

     

    このデザインのネックなところは、メインビジュアルが2つあることです。

     

    日下大先生

    「ビジュアルデザインをするときは、

    メイン(一番見せたい部分)を決めてそれを目立たせること」

     

     

    なるほど、、

    確かにこれだと上のバヤシさんと、下のスタッフたち。上も下も重い。

    見る人の目線が迷子になってしまって、少々せわしないですね。

     

    iPad – 1

     

    これはwebのTOPページのメイン部分を作るときに同じことが言えますね。

    まだ下層デザインしか作ったことのなかった私にとって、メイン作成のHow toをこういう形で教えていただけたことは非常にありがたかったです。

     

     

     

     

     

    アドバイスをもとに修正し、完成したのがこちら!!

     

    nenga_2020 (1)

     

     

    全員の目線や体の向きをバヤシさんに集中させることで視線を1つに!

    お正月感をだすために山口さんに鏡餅を持っていただきました(強引!)

    アババイならではの賑やかな祭囃子感で他のスタッフを散りばめる!(織田さんアドバイス)

     

    ひそかな私のこだわりポイントは、今年はねずみ年なので、こちらにひょっこりねずみがいることです。(お気づきでしたでしょうか)

     

    iPad – 1

     

     

     

     

     

    まとめ

     

    たくさんのアドバイスをいただき何とか完成した年賀状。

    気づきや勉強になったことがたくさんありましたが、

    今回一番反省しなきゃいけないことは

    「レイアウトが決まらないまま加工を頑張っちゃったこと」

     

    かっこよく見せたい!という想いから、

    素材の配置すらまともに決まらないまま一生懸命加工してました(‘ω’)

    結果制作時間が大幅に伸びました。

     

    日下大先生曰く

    「デザインはレイアウト8割。

    ここがしっかり固まれば後はスムーズに進むはず。」

     

    これが守れなかったため制作時間が伸びたんですね。

    加工の力や知識はあると仰っていただけたので、あとはこの順序を守って

    納期が守れれば素晴らしいと!

    →→→→素晴らしい先輩デザイナーズの素晴らしい年賀状作品集はこちら!

     

     

     

    デザイン作成にあたって、日下大先生はすぐに答えを教えるんじゃなく

    まずはヒントを与えて考えさせてくれるので

    これがアババイデザイナー成長プロセスかと感動しました!

     

     

    「学ぶことの最大の障害は答えを教えることではないか? それは、自分で答えを見つける機会を永久に奪ってしまうからである」

    と物理学者ゴールドラット博士も仰っていました。

    (誰やねんと思ったらgoogle先生で検索!)

     

    日々勉強あるのみ!

    私の座右の銘は「継続は力なり!」です!

     

    それではまた次回◎ See you next time!

    フェイスブックシェアボタン

名古屋で1番真面目なウェブ会社!! ABABAI お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ リンクボタン

資料請求 リンクボタン

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

MENU

求人情報本社・広島オフィス

お問い合わせ

資料請求

ページの先頭へ

お問い合わせ

  • メールでのお問合せ リンクボタン
  • 資料請求 リンクボタン

閉じる

アババイめちゃ凄いこと

建築会社に選ばれる5.5の理由

制作実績

お客様の声

スタッフ紹介

代表挨拶

新着情報

会社概要&アクセス