メニューを開く

メニューを開く

メガメニュー を閉じる

お電話でのお問い合わせはこちら 0120-388-801

受付時間/平日10時〜19時定休日/毎週日祝日・隔週土曜日

HOME(名古屋のホームページ制作会社 株式会社アババイ)

BLOG

スタッフブログ

9月 2021 
 
1
2
3
4
5
6
7
9
11
12
14
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 

RANKING

    • 2021/08/25

      流行りのSNSでバズろう!【リール・Tiktokで今日からできるスマホで簡単動画投稿♪】

      アババイスタッフ 画像

      樋口

      リール・Tiktokで 今日からできるスマホで簡単動画投稿♪

       

      こんにちは!はじめまして!

      4月より株式会社アババイ運用事業部に入社しました、樋口です。

       

      みなさん、SNSはやっていますか?

       

      Instagram、Twitter、Facebook、TikTokなど様々なSNSが普及していますよね!

       

      若者だけでなく、幅広い年齢層のユーザーが利用しているSNS。

      現代では検索エンジンよりもSNSで情報収集している方が増えているくらい人々に欠かせないツールとなってきました。

       

      その中でも今、Instagram内のリールという動画機能やTikTokがアツいんです!

       

      今回ご紹介するリールやTikTokを使いこなせば、閲覧数やフォロワー増加も大いに期待できます^^

       

      リールやTikTokがどんなものかよくわからないという方、見ているだけで投稿はしたことはないという方はぜひ見てみてください。

       

       

       

       

       

      目次

      ○動画をあげるメリット

      ○Instagram リールの紹介

      ○TikTokの紹介

      ○まとめ

       

       

       

       

      動画をあげるメリット

      近年スマートフォンの普及率は伸び続けており、誰でも手軽に動画を見られるようになりましたよね。

      私も暇さえあれば動画を見ています!笑

       

      『動画は見ることはあるけど、作る(投稿する)のはちょっと難しそう…』

      『本当に動画投稿で効果はでるの?』とまだ動画投稿をしたことがない方や、

      重い腰が上がらない方!!!必見です!!!

       

      動画投稿にはメリットがたくさんあります!!!

       

       

      動画は…

      ◇静止画より印象に残りやすい

      ◇短時間で多くの情報を発信できる

      ◇テキストや画像では表せないようなリアルさや特徴を伝えられる

      ◇音楽を使うことでよりイメージを伝えやすくできる

      ◇テキストや画像よりも記憶に残りやすくなる

       

      …とこんな感じでテキストや画像では表せない良さがたくさんあるのです。。

       

      いかがでしょうか?

      動画…たしかにイイカモ…と思えませんか?

       

      次は今日からでも始められる動画投稿が手軽にできるアプリをご紹介いたします!

       

       

       

       

      Instagram リール

       

       

      image

       

       

       

      リールとは、2020年8月にリリースされた、15秒から最大60秒の動画を作成・編集・投稿するInstagramの機能です。リール内には既に多くの音楽や観ている人を飽きさせないような映像エフェクト(フィルター)があるので、それらを活用すれば簡単にクオリティの高い動画を作ることが可能なんです。

      よく見るInstagramの”ストーリーズ”に若干似たようなところもあります(^^)

       

       

       

      リールとストーリーズの違いを分かりやすく表にしてみました!image

      ※フィード投稿とは通常投稿のことです

       

       

       

      このようにリールの方が掲載場所が多く、フォロワー外のユーザーに見てもらえる場所に掲載されるため、より多くのユーザーに自分のコンテンツを見てもらえる可能性があるのが大きな特徴です。

       

       

       

      image

      「発見タブ」のリールスペースでは他ユーザーのリールがランダムで表示(↑写真内赤枠)

       

       

       

      また、通常投稿と比較して画面表示のサイズが大きくなり、より迫力のある映像を見てもらえます

       

       

      image

       

      リールの紹介はこんな感じです(^^)/ 続いてTikTokの説明をします!!!

       

       

       

      TikTok(ティック・トック)

       

       

       

      fdfd

       

       

       

      TikTokを一言で表すと「ショートムービー」の作成・編集・投稿に特化したスマホ向けの動画プラットフォームです。

      TikTokを使うと15秒前後~最大3分程度の動画を簡単に作成できます。

       

      TikTokと聞くと、10代~20代の若者がメインユーザーと捉えられがちですが、

      最近では幅広い世代の方が利用しているツールになってきています。

       

      また、一般的なイメージとしてダンス動画がメインに見えますが、

      近年料理、旅行、ファッション、仕事術などの多岐にわたる分野での動画の投稿が増えており

      TikTok を運営する Bytedance社もダンス以外の動画へ力を注いでいます。

       

      TikTokと他のSNSとの大きな違いは、『おすすめ』のタイムラインが表示されること。

      ここには、今バズっている動画や、AIが分析した自分好みの動画が掲載されます。

       

       

       

      文字入れ、BGM挿入、エフェクトやアニメーション加工、スタンプデコレーション等全てTikTok内で編集可能です!

       

       

       

      rwer

       

       

       

      ▼Tik Tokをやるメリット

       

      ・拡散力が高い

      TikTok はInstagramやTwitterといったSNSと比べ、非常にバズりやすいSNSと言われています。

      普段数十人の閲覧数、いいねしか来ないアカウントでも『おすすめ』に載れば、急激に閲覧数やいいねが増え、100~1000倍になることもあります。

      一度 TikTok の動画がバズるとそれに付随してInstagram、YouTubeなどの他のSNSアカウントへ流入する可能性も高まります。

       

      ・他社との差別化を図る

      SNSマーケティングの手法の一つとして注目を集めつつあるTikTokですが、

      現時点で活用している企業(特に工務店さん!!!!)はそれほど多くはありません。

       

      利用している企業が少ないからこそ、競合他社に埋もれることなく、自社独自のマーケティングができるといったメリットがあります。

       

       

       

       

      まとめ

       

      いかがでしたか?

      今回は簡単に動画投稿ができるリールとTikTokのご紹介をしました。

       

      動画を載せてもっと自社のいいところを見てもらいたい…!

      けどYoutubeは敷居が高くて手が出せない…

      と思っていた方スマホで簡単に作れる動画投稿ぜひ試してみてください(^_-)-☆

      次回はリール内での動画編集の仕方をレクチャーします。

       

      アババイではInstagramの運用もやっております。

      もっと詳しく知りたい方はぜひアババイにご相談ください!!

       

      ▶お問い合わせはこちらから https://ababai.co.jp/contact/

      ▶制作実績 https://ababai.co.jp/case_cat/case01/

      ▶今HOTなSNS運用 https://ababai.co.jp/sns/

       

       

       

       

      カテゴリ:

      CONTACT CONTACT

      お電話でのお問い合わせはこちら 0120-388-801 お電話でのお問い合わせはこちら 0120-388-801

      受付時間/平日10時〜19時定休日:毎週日祝日・隔週土曜日