» デザイナー向け! 思わず買いたくなる、 ユーザーから選ばれるデザインの法則!|ホームページ制作・運営からWEBデザイン、ウェブサイト企画作成を行っている名古屋市のホームページ制作会社「ABABAI」

デザイナー向け! 思わず買いたくなる、 ユーザーから選ばれるデザインの法則!

スタッフブログ

  • 2017.07.05

    デザイナー向け! 思わず買いたくなる、 ユーザーから選ばれるデザインの法則!

    顔アイコン

    こんにちは! デザイナーの鈴木です!

    今回は、マーケティングというジャンルの担当になりましたので、商品を売るために今まで意識してきたことをウェブデザインに焦点を当てて、お伝え致します!
    是非、ウェブデザインをしているつもりで以下の内容を読んで見てください(^^)

    どんなデザインなら、ユーザーは物を買いたくなるのか。

    商品やサービスによって細かい手法は違います。
    ただ、どんなものにも共通していることがあります。それは「ユーザーがスーパー直感的にいいデザインと感じている状態」になっているかどうかです。

    しかも、0.1秒かという勢いでユーザーは感じます。

    どんなデザインでもそうですが、まずは直感的にこの状態にすることが必要です。

    hand pushing a button on a touch screen interface

    仮に自分が作ったデザインを身近な人に見せた時に、「う〜ん…」という反応をされた時があれば、その時点で、デザインのクオリティで問題があります。
    なぜなら、もうすでに世の中にはいいデザインが溢れかえっているため、多くの人は無意識のレベルでいいデザインを判断出来る基準を持っているからです。

    ただ、一点だけ注意点があります。

    ユーザーは無意識の内に、どんなターゲットなのかを自分自身で明確に理解しているということです。いいデザインを見たら心では直感的にいいとすぐに感じます。
    それと同時かという勢いで、 1秒もたたない内に「でも興味ない」と判断します。
    興味がない物を見ないということは、当たり前と言えば当たり前ですよね。

    pixta_26978906_M

    つまりデザイナーとして、常に意識し続けることとは…

    ・直感的にいいデザインと感じるものか。

    →足りない場合は、デザイン自体のレベルを上げる必要がある。

    ・ユーザーの興味にマッチしているものか。

    →足りない場合は、ターゲットのことをもっと良く知る必要がある。

    デザインをしていると、ついついこの2点がごっちゃになって来ます。
    デザインでダメだしをもらった時に今自分が足りていないのは、どっちなのかをまずは見極めてから再度デザインに取り組む癖を付けましょう!

    フェイスブックシェアボタン

名古屋で1番真面目なウェブ会社!! ABABAI お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ リンクボタン

資料請求 リンクボタン

カレンダー

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

MENU

求人情報本社・広島オフィス

お問い合わせ

資料請求

ページの先頭へ

お問い合わせ

  • メールでのお問合せ リンクボタン
  • 資料請求 リンクボタン

閉じる

アババイめちゃ凄いこと

建築会社に選ばれる5.5の理由

制作実績

お客様の声

スタッフ紹介

代表挨拶

新着情報

会社概要&アクセス