» フェルミ推定から学ぶ、論理的思考力とマーケティング術!|ホームページ制作・運営からWEBデザイン、ウェブサイト企画作成を行っている名古屋市のホームページ制作会社「ABABAI」

フェルミ推定から学ぶ、論理的思考力とマーケティング術!

スタッフブログ

  • 2017.07.14

    フェルミ推定から学ぶ、論理的思考力とマーケティング術!

    顔アイコン

     

    01

     

     

     

    皆さまこんにちわ!
    デザイナー稲本です(^^)/

     

     

    じめじめとした梅雨がしつこくまだ残る今日この頃、
    さわやかなカラッとした夏が早く来て欲しくなってきますね!

     

     

    前回は、ゆるーく「夏遊びに便利な最強アプリ」をご紹介したり、
    夏を全部遊び尽くす為のオススメ技」など、ご紹介させて頂きましたが、

     

     

    今回はちょっと趣向を変えて、
    普段、僕たちのお仕事にも関係する、
    とある「考え方」についてのお話を、ご紹介をしたいと思います。

     

     

     

     

     

     

     

    さて、突然ですが皆さん、
    フェルミ推定という言葉をご存知でしょうか?

     

     

    なんじゃそりゃ小難しそう、
    なんて思われる方も多くいらっしゃるとは思いますが、

     

     

    実はこの「考え方」
    マーケティングに活用できたり、
    複雑な工程からなる仕事においても、問題点に対して解決策を導き出すのにとても役立つ、

    論理的思考力を身につける為の「考え方」なんです。

     

     

     

     

     

     

     

    事業をより論理的に、戦略的に、効率的に考えたいという方には、
    知っていて損のない考え方、といっても過言ではないでしょう。

     

     

    フェルミ推定を身につければ、
    身の回りにある困難な課題や、見当もつかない問題を解決することも、

    夢ではなくなってくるのです。

     

     

    興味のある方は、ご一読頂けたら幸いです^^

     

     

     

     

     

     

     

     

    ●フェルミ推定ってなんじゃらほい?

     

    03

     

     

     

    では”フェルミ推定”とは一体どういうものなのでしょうか?

     

     

    Google先生で検索して見ると、

    Wikipediaで以下のように定義づけられていました。

     

     

     

     

    実際に調査するのが難しいようなとらえどころのない量を、
    いくつかの手掛かりを元に論理的に推論し、
    短時間で概算すること

     

    ほほう、なかなか小難しそうな説明。

     

     

     

     

     

    世の中には、頭を抱えたくなるような問題や、
    どう考えても捉えようの無い問題が山ほどありますが、

     

     

    そういった課題を、限られた少ない情報から、条件・仮説を立て推論し、
    結論を出す
    のに非常に役に立つ「考え方」。

    といった所でしょうか。

     

     

    特に、はっきりした正解のないマーケティングの世界や、

    ビジネスの場などで用いられることが多いのがこのフェルミ推定^^

     

     

     

     

    ①とらえどころのない問題を
    ②今ある情報と仮説で
    ③推論し答えを出し
    ④短時間でアプローチの仕方を見出す

     

     

     

     

    箇条書きにしてみましたが、
    これだけでも凄そうな感じがします。

     

     

     

     

     

     

     

     

    ●具体例でみちゃう

     

    02

     

     

     

    Wikipediaでは親切にも、調律師を題材に具体例を紹介して下さってました。

     

    例えばの話ですが、あなたが調律師としてシカゴで事業をやろうと考えていたとして、
    しかし、どう踏み出そう悩んでいたとしましょう。
    そこでフェルミ推定を活用したならば、

     

     

     

     

     ①シカゴの人口は300万人とする
     ②シカゴでは、1世帯あたりの人数が平均3人程度とする
     ③10世帯に1台の割合でピアノを保有している世帯があるとする
     ④ピアノ1台の調律は平均して1年に1回行うとする
     ⑤調律師が1日に調律するピアノの台数は3つとする
     ⑥週休二日とし、調律師は年間に約250日働くとする

     

     そして、これらの仮定を元に次のように推論する。

     

     ①シカゴの世帯数は、(300万/3)=100万世帯程度
     ②シカゴでのピアノの総数は、(100万/10)=10万台程度
     ③ピアノの調律は、年間に10万件程度行われる
     ④それに対し、(1人の)ピアノの調律師は1年間に250×3=750台程度を調律する
     ⑤よって調律師の人数は10万/750=130人程度と推定される

     

     

     

    このように、
    分かっている情報と、仮の情報で数値を出し、おおよその仮説を立てることができます。
    正確な情報ではないですが、明らかになった数値から読み解ける事は数多くありますよね。

     

     

     

     

    ここで重要なのは、
    フェルミ推定を活用したことにより、
    調律師は不足しているのか需要があるのか採算はあうのか地域を変えるべきなのか
    といった事を考える余地が、ここで初めてあなたに与えられたということなのです。

     

     

     

    もし仮説を立てていなければ、

    懸念することは出来ても判断することは当然できませんからね。

    ただ指を咥えて心配しているだけでは何の意味もないのです。

     

    恐らく、フェルミ推定を行っていたか、否かで、
    調律師の運命は、180°違ったものになっていたことでしょう|д゚)

     

     

     

     

     

     

     

     

    ●フェルミ推定の可能性

     

    04

     

     

     

    フェルミ推定はあくまで仮説なので、必ずしも正解を出すものではないですが、
    フィードバックで得た結果(数値)を、立てた仮説にプラス置き換えることで、

    段階的に信用の高いものになっていきます。

     

     

     

    さらに、新しい仮説や条件を増やすことで、幅が広がり、

    今まで見えなかったことが、様々な側面から見えるようになったり、

    細分化することでより論理的・戦略的に推論・決断でき、課題へのアプローチを行うことができるようになるのです。

     

     

     

    wikipediaで紹介されていたのは、基本的な部分でしたが、
    これを活用・応用をすれば色々な情報を読み解くことも可能になるのではないでしょうか。

     

     

     

     

     

     

     

     

    ●論理的思考力を深めていく

     

    05

     

     

     

    フェルミ推定にどんなメリットがあるのか、

    皆さんなんとなく分かってきたのではないでしょうか。

     

    仮説でも数値化を行い、結論を出すことの重要性も分かってきたことでしょう。
    そしてその仮説が、あなたの判断の一つの指標となるのです。

     

     

     

     

     

     

    フェルミ推定とは「考え方」の一つであり、難題への「アプローチ」のしかたの一種です。
    限られた数値と、仮定する力、それらの情報から結論を導き出すという流れを繰り返すことで、
    「論理的思考力」が鍛えらえ、様々な状況で応用が可能になります。

     

    それは、困難な課題に対して深く探求し考え続けるという事なのです。

     

     

     

    ①条件のピックアップをして
    ②数値の仮説を立て
    ③推論し結論づけアプローチを行う
    ④フィードバックからの数値の調整

     

     

     

    あなたの周りにある様々な課題も、フェルミ推定を使うことで、
    多くのアプローチ方法を見出すことも可能になってくるでしょう。

     

     

     

     

     

     

    ビジネスの場では、正確さを求められることが多いですが、

    論理的思考力への理解を深めることで、推論の精度は格段に増していきます。

     

    フェルミ推定を繰り返し行い、論理的思考力を鍛えることが、

    課題への解決への近道かもしれませんね^^

     

    皆さんもまずは身近な課題からフェルミ推定を使って挑んでみて、
    論理的思考力を深めてみてはいかがでしょうか(^^)/

     

     

    フェイスブックシェアボタン

名古屋で1番真面目なウェブ会社!! ABABAI お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ リンクボタン

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

MENU

求人情報本社・広島オフィス

お問い合わせ

ページの先頭へ

お問い合わせ

閉じる

アババイめちゃ凄いこと

建築会社に選ばれる5.5の理由

制作実績

お客様の声

スタッフ紹介

代表挨拶

新着情報

会社概要&アクセス